私の青春と共に一緒に時を刻んでくれた腕時計

その腕時計を買ってもらったのは小学2年生の頃です。

当時はどちらかというと裕福とは言えない家庭で、服や学校で使う物はほとんど姉からのおさがりばかりでした。

子どもながらに新しい物ばかり身につけている姉が羨ましいとずっと思っていました。

夏休みに旅行へ行き(旅行と言っても隣県に車で遊びに行くぐらいのものでしたが…)普段食べない美味しい物を食べたり観光地を廻ったりして楽しみました。

その時に買ってもらったのが私の名前入りの腕時計です。

○○ちゃんと名前が入った下にデジタルで時間が表示され、ピンクのベルトにはペンギンの絵が描かれていました。

お土産屋で見つけたどこにでもあるような時計でしたが、私はどうしてもその時計が欲しくて父にねだって買ってもらいました。

父もこんな時にしか買わないだろうからと買ってくれたのだと思いますが、初めておさがりではない自分の物を手に入れた私は嬉しさで泣いてしまいそうでした。

その時はまだベルトもブカブカだったので端に穴を開けてもらいつけていましたが小学校を卒業する前にはキツくなり、またデザインも子どもっぽかったので着けずに机の引き出しにずっとしまっていました。

単なるおもちゃだと思っていたのですが不思議なことにその時計は何かしら節目の時に出てきて、私に何か訴えかけるように時を刻んでいるのでした。

中学校を卒業する時や、父が単身赴任で遠くへ行ってしまった日、私が高校を卒業して家を出て行く時など。

普通に考えれば電池が切れてしまってもおかしくないのですが、見る度にキチンと正確な時間を刻んでいました。

不思議なその時計をどうしても捨てられずにいましたが、私が結婚した後からその時計は見つからなくなってしまいました。

初めて自分の物として買ってもらった腕時計。もしかしたら私のことをずっと見守ってくれていたんだろうなと思うととても嬉しく、少し寂しくも思います。

特別な思い出と私を大人にしてくる腕時計

私19歳の頃初めて訪れたブランドの免税店に立ち寄りました。

その時にすごく一目ぼれをしてしまったアクセサリー時計に出会いました。

その頃は月収以上の高価な時計で購入することすら無理でした。

ショーケースに入ったキラキラ光るその腕時計はその頃の私には豚に真珠の様な物で

いつかこの腕時計が似合う女性になりたいと妄想までしていました。

当時付き合っていた彼氏がいたのですが、貧乏カップルだったので贅沢なデートもできませんでした。

勿論その腕時計の事も話していました。

たまにお店に行ってはショーケースを眺めるだけで充分でした。

21歳の時にその彼が仕事で遠方に行く事になり4年ほど付き合ったのですが

遠距離に自身もなく一緒に付いて行く勇気もなく別れる事になりました。

喧嘩別れでもなくお互い頑張ろうと前向きなお別れでした。

最後のデートの日に朝から夜までいつも通り何をする訳でもなく家で過ごしました。

帰る際はさようならも言わずに出て行った彼氏を見送れずに寝たフリをしていました。

玄関に置かれた袋が目に入って手に取り開けてみると

それは、ずっと欲しがっていたあの腕時計でした。

泣かないと決めていたのにその瞬間涙も止まりません。

“この時計が似合う女性になって”とメッセージがありました。

それから10年以上経ちますが今でも特別な日やお祝いの時はその腕時計をします。

あの頃より大人になり

あの頃よりは似合う女性になれたと思います。

大切な思い出と一緒にこの時計と私は大人になりました。

両親にしてもらったように息子の合格祝いに腕時計を贈りました

昔私が受験だった頃に志望校に合格出来たお祝いにって両親が腕時計を買ってくれたんです。その時は本当に嬉しくちょっと大人になった気分で毎日つけて学校に行っていました。もちろん、その時の時計は今ではもう使えないけど大切に取ってあります。

月日は流れて今度は自分が贈る側に回った昨年の事。息子も念願かなって第一志望校に合格した時には自分の時以上に嬉しくて合格祝いとして腕時計を贈りました。もちろん、ネットで今どきの男子高校生が好む時計を散々吟味して高すぎず、安過ぎず、見栄えがいい物を懸命に選んで購入しました。値段的には妥当でも色んな出費も重なってて結構な痛手でしたが受験戦争に勝ち抜いた一生に一度しかない物だから私も頑張ったんです。

それから間もなく一年経ちます。入学後1週間ほどはカッターシャツの下から時計がチラチラ見えたりもしたけど、それっきり見たことがありません。先日部屋の掃除をしてて普段使わない彼のバッグの中から時計が出てきたので全く使ってないってことはないんだろうけど…。

今の子はスマホ持ち歩いてるのが当たり前になってるから腕時計なんて必要ないんだなあって贈った側としてはちょっと寂しくも感じています。でも大学生になればまた多少は変わって毎日活躍してくれるのではないかって淡い期待をしてます。

43年間使っている母に買ってもらった腕時計

中学二年生になる春のことでした。今私は47歳ですので43年前のことです。その当時ダイバーズウォッチという腕時計が流行していて、どうしても欲しくて母におねだりしました。我が家は個人経営の呉服の小売店をしており、決して余裕があったとは言えない状況でしたが、国産の文字盤が黒いダイバーウオッチを買ってもらうことができました。

勉強が好きだった中学生・高校生時代、初めての女の子とのデートのとき、軽音楽部の活動に明け暮れた大学生時代、納期に追われる夢をしばしば見た営業マン時代、転職して地元の工場現場で働くようになってから精力的に行ってきた地域活動をしているとき…。常に私は左手首の黒いダイバーウォッチで時刻を確認してきました。母は今になって言います。「あの時は高いなあと思って買ってあげたけど、これだけ永く使ってくれているから買ってあげてよかったよ」と。

去年、まだまだ私の歴史を刻んで欲しいという思いでメーカーにオーバーホールに出しました。この時計を持ったことで、自動車やオートバイ、楽器などもすぐに新しいものを買わず、メンテナンスや修理を繰り返して永く使うようになりました。時には新しい製品を買ったほうが安いこともありました。しかし、モノを大切にし永く使うことは、私を形成している私の歴史と共に過ごしていることだと感じます。この黒い文字盤の腕時計は私の心を確実に豊かにしてくれています。

私の変わった腕時計の楽しみ方

ビジネスマンにはなくてはならないと言われる腕時計ですが、つける派つけない派で別れると思います。最近ではスマホで簡単に時刻を確認できる等の理由もあって腕時計をつけないという方も増えてきていると聞きます。

私は昔からつける派なのですが、パッと腕を見ただけで時刻を確認することが出来る手軽感と、ファッションとしての意味合いとで毎日つけています。複数個持っている場合にはコーディネートに合わせて、今日はどれにしようかと考えることが楽しかったりもしますね。

さてもうひとつのマニアックな楽しみ方として、私は腕時計の秒針の音を聞くことが好きです(デジタルではないことが前提になってしまいますが)。自動巻であってもクォーツであっても秒針の音は心地よく、聞いていると時に眠気に襲われることもあります。机の上で寝る際には耳に腕時計を当てて音を聞きながら寝ることもあるほどです。秒針の音は穏やかに一定のリズムを刻むため、外には無い安心感をもたらすリラックスサウンドだと思っています。

腕時計は本人のこだわりが最も出やすい品物です。私のように秒針の音にこだわる(あまりいないと思いますが)人もいればデザイン、メーカー等様々なこだわりが発揮されます。腕時計はその人自身を表しているのかもしれません。

婚約指輪の代わりに腕時計を贈ると良い理由

交際している女性にプロポーズする際、もしくはした後で婚約指輪を贈るのが通例ではあります。しかし最近では、あまり着ける機会がない婚約指輪にお金を使うよりは新婚旅行や新生活に関わる出費に回したいという女性も増えているようです。もちろん婚約指輪は実用的とは言い難く、堅実な女性なら他にもっと役に立つところにお金を使いたいと思うのも不思議ではありません。しかし、全く婚約の記念品がないというのも寂しいと感じる場合は、腕時計を贈ると良いでしょう。

時計なら、まさに実用的です。毎日のように仕事にもプライベートにも使用できます。携帯電話があるので時計は必要ないと思われるかもしれませんが、女性にとってはファッションアイテムの1つでもあるのです。それに、仕事中に何回も携帯電話で時間を確認することができない時もありますからやはり腕時計を身に着けておくというのは大事なことです。

それに、自分用にはなかなか高い時計は買わないものですが、婚約指輪に代わるものとなれば話は別です。せっかくなので普段はなかなか手が出ない有名なブランドのものを贈れば記念にも残ります。しかも品の良いものならずっと長く使えるでしょう。

婚約というのは男性側にとっても女性側にとっても一生のうちで大事な思い出ですから、何か形として残るものがあるとお互いにとって幸せを感じるのではないでしょうか。

手首にさりげないオシャレを。腕時計をしよう!

腕時計と言えばする人としない人が極端に分かれると思います。好きな人であれば何種類もの腕時計を持っている一方で、日頃腕時計をしない人は1個ないし1個も持っていないという方も多いのではないでしょうか。

確かに夏場であれば暑くてつけるのが煩わしかったり、冬場であれば長袖で隠れてしまってなかなか着ける機会を逃してしまったりと億劫になってしまうこともあるかもしれません。

しかし、最近ではファッション性の高いオシャレな腕時計もたくさん出てきており、ブレスレットのようにアクセサリー感覚で着けられるようになってきています。

そこで腕時計初心者の方にはまず2種類の腕時計を探してみてほしいと思います。

1つは細い革ベルトの腕時計。夏場にはあまり向かないかもしれませんが、冬場であれば手首のさりげないオシャレにピッタリです。細いベルトが女性らしさを強調してくれます。

もう一つがシルバーやゴールドなど少し豪華なもの。パーティーの時やスーツなどフォーマルな服装に合わせやすいものを一つ持っておくと何かと便利です。

今や携帯電話でいつでも時間を確認できる時代ですが、腕時計をしている人はやはりきちんとしている人に見られます。

これからはアクセサリーと一緒に腕時計も着けてみましょう!

ヴィヴィアン・ウエストウッドの時計を購入したい人は

ヴィヴィアン・ウエストウッドはイギリスのブランドです。

時計だけでなくバッグや財布なども展開していて男女問わず多くの人から

人気があります。シンプルなデザインの時計から凝ったデザインの時計まで

色々な印象の時計を展開しています。ヴィヴィアン・ウエストウッドのブランドロゴは、

地球と王冠をモチーフにしていて、このロゴもとても可愛くて人気です。

高級なイメージがある時計で少し値段も高いですが、プレゼントに選ばれる人も

多いブランドです。

漫画でドラマ化や映画化されたNANAが国内でのブームの火付け役とも言われていますが、

大ブームを去った今でもブランドが好きな人は身につけています。

幅広い年代で身につけられている時計なので、値段も安くなっているものもあれば

ものすごく高いものもあるというイメージの時計です。

ヴィヴィアン・ウエストウッドの時計は、男性よりも女性に人気がある印象です。

レディースの時計を見ると、きれいでカワイイデザインが沢山あります。色遣いも

優しい印象の時計が揃っています。オークションなどでも販売されていますが、

本物かどうかが見極められるか不安な人は、オークションサイトは利用せずに正規販売店で購入されるほうが良いでしょう。

夫が誕生日にくれた腕時計の話

結婚して3年目の誕生日に、

普段物など全くくれない夫が腕時計をプレゼントしてくれました。

外出した時、いちいち時間確認の度に

携帯電話を出すのが面倒だと私が言ったのを

覚えてくれていたようです。

全体はピンクゴールドで、白い文字盤の一部に

キラキラした石やリボンの柄が入っている、

ソーラー電池仕様の腕時計。

貰ったその日から、出掛ける時は必ず付けるようになりました。

ところがある日、時計が完全に動かなくなりました。

毎日外出していましたが、私は肌が弱く

常に長袖を着ていたのできちんと日が当たらなかったようです。

時計が動かなくては困るので、

近所の時計屋さんに持っていき内部の電池を交換してもらいました。

時計を受け取りに行った際、時計屋さんが

「付けない時は窓際に、

文字盤を上にして置いておくと大丈夫だ」とアドバイスをくれました。

ちゃんとアドバイス通りにしているおかげか、

時計が止まったのは1度きりです。良かった…

大切な時計なので、今後も扱いには気を付けたいと思います。

ちなみに、完全に止まっていたとしても

内部の電池が生きていれば

「曇りの日でもいいから1日窓際放置」で復活するらしいです。

(修理後に調べて知りました)

というか暗所でずっと保管していなければ復活する事の方が多いんだとか…

なので時計が止まってしまった方は

私のように焦って時計屋さんに行く前に、

まずは1日放置する事をオススメします。

内部の電池って、結構なお値段なので…。

自分が好きな腕時計について

ダイバーが愛用しがちな腕時計を好んでいて、公私ともに私の腕で時を刻んでくれています。今は不具合なく動いているのですが、一度だけ壊してしまったことがあります。当時の私には何故動かなくなったのかわからなかった一方、今ならどれだけ愚かなことをしたのかよく理解できます。

メタボ気味な体型を何とかするために、プール通いを始めた時期のことです。防水仕様の腕時計を愛用している私は、いつも身に着けている相棒と一緒にダイエットできることに喜びを感じていました。25mプールを歩いて10往復したあとには、サウナに入ることになります。そこで事件が起こったのです。

防水仕様の一品は、高温になる場所に装着したまま入るのがご法度だったのです。それを知らなかった私は、15分間も暑さに耐えたあとで満足感に浸っていました。再びプールに入ってから数分後、時間を確認するために左手首周辺に視線を移したときのことです。いつもなら一定のリズムで動いている秒針が止まっており、その場で取り乱してしまいました。時計店で状態を確認してもらうと、サウナの熱で防水加工が施されている部分が膨らんでプールの水が入り込んだと説明を受けました。結局は修理できたのですが、部品の大部分が新しくなり痛い出費になりました。

ダニエルウェリントン腕時計専門店(Daniel Wellington) | 腕時計エリア